スポンサーサイト

  • 2009.06.21 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アクネバリアプロテクトローションで、あごのにきびを沈静化

あごのにきびに悩んでいませんか?
皮脂が原因である思春期のにきびはTゾーン、とくにおでこにできやすいと言われますが、大人にきびでは、肌質によらずしつこいあごのにきびに悩まれる方が多いようです。
にきびができていてもメイクをしないわけにはいかないので、昼間はファンデーションやコンシーラーをつかって目立たなくして、夜は集中的ににきびケアするのが精一杯なのではないでしょうか。本当はメイクどころか、刺激を与えることはできるだけしたくない部分なのに、これではなかなか治りそうもありませんね。あごのにきびってやっかいです。

なかなか簡単には治ってくれないイメージのあごにきびですが、アクネバリア プロテクトローションは効いてくれるでしょうか。
石澤研究所のアクネバリア 薬用プロテクトローションの紹介記事はこちら
あごのにきびを治すには肌を清潔に保つとともに、乾燥を防ぐスキンケアが重要になります。
しかし、すでに肌が荒れていたり、にきびができている状態ですと、具体的にどういったスキンケアをすればいいのでしょうか。
肌が弱っているときは、オイルやアルコールを含んだ化粧水を避けたほうがいいといわれます。
アクネバリア プロテクトローションは、にきびと肌荒れを防いでくれる強い味方ですが、慎重に扱わなくてはいけないようなダメージを受けた肌でも速やかにキメを整え、すべすべにしてくれます。
低刺激をうたっているアクネバリアローションですが、それでもにきび肌への刺激が心配な人は、あごにきびへの部分パッティングもおすすめです。

体調と生活習慣を改善しよう

大人にきびは、どうしても原因が複雑ですから、スキンケアはもちろん、体調や生活習慣の改善でにきびを予防していきましょう

普段からストレスを感じている人、食生活のかたよりや睡眠不足を自覚されている方は、まず生活を整えるのが近道です。
お肌に不足しているのは、ビタミンだけではありません。
大人にきびや肌トラブルを予防する食生活として、ビタミンを取るように薦められる事がありますね。確かにそのとおりなのですが、食生活のポイントとして忘れてはいけないのは食物繊維。内臓がくたびれていませんか?体の中と外って、つながっているんですよ。逆に言えば、肌の状態を良くしたければ、体の中も健康にする必要があるのです。便秘のときは、肌も要注意。ビタミンばかりでなく、食物繊維をはじめとしたバランスのいい食生活を考えてみてはいかがでしょうか。
にきびができにくい健康的な生活と、アクネバリア プロテクトローションによるスキンケアが理想的ですね。

生活習慣は体調のリズムと共にあります。例えば、生理前後ににきびができること、ありませんか?
生理になるとあごの辺りににきびができやすくなるのは、黄体ホルモンが皮脂を分泌させるためです。それでは生理前後のにきびを予防するにはどうすればいいのでしょうか。
黄体ホルモンが過剰に皮脂を分泌しても、肌が清潔で十分な潤いがあり、毛穴が詰まりにくい状態であれば、生理中でもにきびはできません。

石澤研究所の薬用化粧水・アクネバリア プロテクトローションは、さっぱりした爽やかな使用感の化粧水ですが、潤い保持成分のあるハーブも含まれているので、生理前後に限らず皮脂の多いときには、皮脂を抑えるだけでなく肌にしっとりとした潤いも加えてくれます。
テカリやべたつきを感じるような時も、自然の成分とハーブの効果で肌に良くなじみ、すべすべになってくれます。肌を清潔に保ってくれ、さわやかな使い心地なので、にきびの拡大を効果的に防いでくれる化粧水です。

JUGEMテーマ:ニキビ

石澤研究所のアクネバリア 薬用プロテクトローション

乾燥やストレスにさらされている現代人の肌は、刺激に弱くなり本来の抵抗力を失った過敏な状態になりがちです。
バリア機能を失い、抵抗力の下がった肌は肌荒れや大人ニキビになりやすい状態です。

すっきり、さっぱりした使用感の薬用化粧水アクネバリアローション

石澤研究所のアクネバリア薬用プロテクトローションは、さっぱりと清潔な香りで肌をやさしくケアしてくれる弱酸性化粧水です。
殺菌効果があり、大人ニキビに効果的なティーツリーをはじめとするハーブを配合し、たっぷりと潤いを補給して肌バランスをコントロールしてくれます。
ティーツリーなどのさわやかでリラックスできるハーブの良い香りに癒されながらスキンケアできます。さっぱりしているだけでなく、ティーツリーをはじめとするハーブの潤いが水分不足の肌にしっかり補給されていきます。

大人ニキビは乾燥による角質の抵抗力の低下が原因

乾燥によって肌の保湿機能が低下することがニキビのできる原因のひとつです。肌が乾燥すると角質層のバリアが弱まり、刺激に対して敏感な状態になります。
角質層のバリア機能が失われ、水分の保持や外部からの刺激に敏感な状態になると、それを補うために皮膚の表面が厚くなり、皮脂が過剰に分泌されます。
皮脂は分泌されていても、肌の水分自体は不足していますから、水分と脂分のバランスが崩れてしまい、顔のテカりやべたつきがひどくなり、皮脂が毛穴に溜まりやすくなっていきます。
肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ、厚くなった皮膚に過剰に分泌された皮脂が詰まり、毛穴の中でアクネ菌が増殖するのです。また、肌の抵抗力が下がると肌のバランスが崩れ、アクネ菌が増殖し、活発になるといわれています。
思春期のニキビでは、洗顔で顔を清潔に保ち、皮脂の分泌を抑えれば良かったですが、大人ニキビはそれに比べてより原因が複雑になってくるんですね。

バリア機能と保湿成分が低下してしまった肌には、化粧水で水分補給と保湿をすることが必要です。
化粧水を使うことで、乾燥して過剰に皮脂を分泌する肌に水分を補給し、角質層の水分バランスを整えることで肌の機能と環境を正常化することができます。

ニキビができていたり、皮脂の分泌が活発なオイリー肌で肌がべたつくような人も、化粧水でのスキンケアは必要です。
皮脂分泌が活発ですと、どうしても洗顔を優先しがちで化粧水を控えたくなる場合もありますが、大人ニキビのできる原因は水分不足による角質の抵抗力の悪化で、脂分だけが原因ではありませんから、必要な潤いは充分に与えてあげることが必要です。

アクネバリアローションは、脂分ではなく、さわやかなティーツリーオイルと潤い保持効果の高いハーブで、乾燥した肌に潤いを補給し、乱れた肌のバランスをコントロールしてバリア機能をアップしてくれます。

ニキビケアを謳う化粧水やローションには収れん効果のあるものが多いですが、アクネバリアローションも肌の毛穴を引き締め、なめらかな肌に整えてくれます。
トラブルの起きている肌は、新陳代謝(ターンオーバー)が乱れバリア機能が低下しているので、水分を与えて保湿することで新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルを正常化し、phを整え、潤いのある肌に戻すことが必要なのです。

ニキビができている時に使用する化粧水は、殺菌効果があり低刺激でさっぱりとしたタイプのものが理想的です。
アクネバリアローションは弱酸性、低刺激で、無色素・無香料。
鉱物油も入っていませんので、肌の新陳代謝を乱すことも無く、大人ニキビを悪化させることもありません。

アクネバリアローションはティーツリー配合

殺菌・消毒効果のあり、リラックスできる香りのティーツリーオイルは、ストレスが多く不安定な大人ニキビに最適なハーブの精油です。

さわやかなハーブの良い香りで、さっぱりした使用感のアクネバリアローションには、ニキビの原因となるアクネ菌や、毛穴が目立つ原因となる刺激物を作る常在菌の増殖を抑える効果がある、ティーツリーと呼ばれるハーブが含まれています。
ティーツリーには、天然物でありながら少量でもニキビを抑える優れた殺菌・消毒効果があり、さわやかな針葉樹系の森の香りが特徴です。
オーストラリアに自生する樹木から取れるティーツリーの精油は、殺菌・消毒薬となって、現地では傷口の消毒にも使われるそうです。天然のオイルで、合成のものより副作用が少ない事でも注目されています。

アクネバリアローションには、ティーツリーオイル(清涼剤)と潤い保持効果の高いハーブをブレンド。肌を清潔に保ちニキビを防ぐと同時に、テカリやべたつきを抑えてくれます。





JUGEMテーマ:ニキビ



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
sponsored links
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM