<< ベタベタニキビ肌を保湿で対策!オルビスクリアローション | main | 石澤研究所のアクネバリア 薬用プロテクトローション >>

スポンサーサイト

  • 2009.06.21 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


肌に浸透し、保湿する化粧水

エアコンや暖房などの空調や気候によって肌は乾燥し水分不足になりがちです。
乾燥し角質層の水分バランスが乱れることで、皮脂が過剰に分泌されやすくなり、ニキビの芯となる角栓(コメド)が毛穴を詰まらせやすくなります。
肌の新陳代謝が乱れ、角質層が備えているバリア機能や保湿機能が低下することで肌が本来持っている抵抗力が衰え、大人ニキビをはじめとする肌トラブルの起きやすい状態になってしまいます。

化粧水は肌の角質層の水分量を保ち、肌のコンディションを整えてくれる役割がありますので、洗顔後に化粧水でスキンケアすることは欠かせません。

ただの水では皮脂など角質層のバリアに阻まれ、水分が肌に浸透せずに表面ではじかれてしまいます。しかし化粧水やスキンケアローションには肌の角質層に浸透し、水分を与えて潤わせる工夫があるのです。

肌の表層の症状を改善することを目的とした大人ニキビのための化粧水やローションでは、浸透力はあまり問われないことかもしれません。
でも、化粧水やスキンケアローションの中には、肌のより奥まで浸透すると謳っているものも数多くあります。また、より化粧水が肌に浸透しやすくする方法を工夫する人もいます。本当に、化粧水が肌の奥までしみこむと、より効果があるのでしょうか?
肌質や肌のコンディションにもよるでしょう。実際のところは分かりません。

角質層には本来外部からの異物や刺激に対するバリアがあります。たとえ肌に必要な成分であっても、そのバリアを突破するということは、多かれ少なかれ不自然なことではないでしょうか。
浸透力の高い化粧水やローションによって有効成分が皮膚の奥まで浸透する、というだけで効果を期待するのではなく、無添加・低刺激の化粧水やローションで外側からおだやかに肌本来の回復力を補う形で使用しましょう。

内側から肌の回復を援護するなら、まずは栄養、ビタミンです。生活習慣を改善し、健康的な食生活でビタミンをはじめとした栄養をバランスよく摂取することを心がけながら、化粧水やローションの効果が出るのをあせらずに待ちましょう。

また多くの化粧水では、水分の補給だけでなく、肌の角質層に補充した水分が蒸発して逃げてしまわないように、保湿性を高める工夫をしています。
乾燥などによって、角質層の保湿機能が低下している人もいます。そもそも肌の水分は少しずつ蒸発してしまうので、化粧水やスキンケアローションには肌を潤わせるだけでなく、角質層に与えた水分を保持する保湿機能を助けるものがあるのです。

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人にとっては、化粧水の保湿力は重要なポイントですね。
よく口コミなどで、単体では保湿力が低いと言われている化粧水やスキンケアローションがありますが、こうした化粧水やローションは、角質層の水分補給以外に、ニキビや肌荒れの炎症を抑えることや、広がった毛穴の収れん(引き締め)効果といった目的のために作られていて保湿力は控えめな場合があります。

角質層の保湿機能が十分働いている人の場合は、化粧水の保湿力が控えめであっても問題ない事もありますが、あらかじめ化粧水と同じブランドから出ている保湿美容液や乳液、保湿ゲルと組み合わせて使用することが前提の化粧水やスキンケアローションでは、保湿剤を併用することを考慮して、化粧水自体の保湿力は抑えられているのです。

化粧水やスキンケアローションだけでなく、洗顔料、保湿クリームや乳液などをライン使いしている人もいますね。必要に応じて角質層の抵抗力と保湿力を補い、高めてくれる、自分の肌に合った基礎化粧品を選ぶことが大切です。


スポンサーサイト

  • 2009.06.21 Sunday
  • -
  • 03:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
sponsored links
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM